ブラックハットについて

中古ドメインの利点とブラックハットについて

中古ドメインを利用する事で被リンクを受け継げると言います。そもそも中古ドメインというものは何なんでしょうか。

中古ドメインは、過去の運営者が利用をしていたドメインのバックリンクであり、検索エンジンのページランク、被リンクなどを引き継いでいるため、新規ドメインを利用してウェブサイトを構築するよりも検索エンジン最適化において有利になると言われているのです。

検索エンジンのページランクと言うのは、ウェブサイトやウェブページの評価であり、このページランクを上げる目的で検索エンジン最適化が必要になるのです。

また、被リンクと言うのは他のウェブサイトから中古ドメインとなっている元の運営者のウェブサイトへのリンクであり、検索エンジン最適化には必要不可欠なリンクなのです。

ブラックハットと呼ばれるのはホワイトハットの逆の意味で使われる言葉なのですが、ホワイトハットは正しい検索エンジン最適化であり、ブラックハットは不正な検索エンジン最適化と言う意味になります。

中古ドメインはこのブラックハットの可能性も有ると言われているのです。

ブラックハットには不正な方法でページランクを高くさせると言う様々な工夫が行われているのが特徴です。

例えば、隠しテキストや隠しリンクをHTMLの中に記述をしている事、フレーム悪用、CSSでもあるカスケードスタイルシートの悪用、title属性の悪用、クローキング、リダイレクトの悪用、ドアウェイページでもある誘導ページなど悪質な方法を使っている事をブラックハットSEOなどと呼んでいるのです。

しかしながら、中古ドメインを使う場合など、このような不正な行為をしていないものであれば新規のドメインを取得してウェブサイトを構築するよりも優良な被リンクを持つドメインであれば有効性が高くなることからも注目されていたと言われているのです。

現在はどうなのかなのですが、中古ドメインを利用するよりも新規のドメインを取得してウェブサイトを運営していく方が有利になるケースが多い事からも中古ドメインを利用していくケースは少なくなっていると言います。

これは不正行為を持つ可能性があるからであり、不正行為を持つドメインを知らずに利用すればこれから立ち上げようとするウェブサイトは検索エンジンからの評価を下げてしまい、検索結果に表示されなくなる可能性があるからなのです。

要は、中古ドメインは使ってみないと解らないと言う事でもあり、リスクを背負う可能性を持つと言われているのです。