被リンクチェックとは

中古ドメインの利点の一つでもある被リンクチェックとは

過去に誰かが利用をしていたドメインの事を中古ドメインと呼びます。中古ドメインは被リンクが張られているケースが多くあり、SEO対策に有効になると言うメリットが有るのです。

被リンクは外部サイトから自らのウェブサイトに張られているリンクの事を意味しており、このリンクが多くなるほどSEO対策では成果を高めてくれると言われているのです。

また、SEO対策だけではなく、他のウェブサイトに訪れたユーザーを自らのウェブサイトに誘導させることも出来るわけです。

例えば、一日に数万人が訪れるようなポータルサイトからのリンクと言うのは、多くの人々が自らのウェブサイトに誘導される可能性を持っていますのでSEO対策の目的でもある集客力を持つと言う事でもあるのです。

しかし、中古ドメインの被リンクはや中古ドメインは事前にチェックをしておく必要が有るのです。チェックを行う理由の一つにブラックハットが有ります。

ブラックハットは不正行為によるSEO対策であり、このような中古ドメインのウェブサイトを作ることでペナルティが課せられる事もあれば、インデックスが削除されてしまい、検索結果に表示されないウェブサイトになってしまうのです。

そのため、中古ドメインを利用する時には十分注意をしなければなりません。

そもそも、過去にどのような利用が行われていたウェブサイトであるのかを確認しておかなければ、いくらSEO対策に効果を持つ被リンクでも、これから運営を行うウェブサイトとの関連性が無ければ意味が無くなってしまうのです。

一般的にECサイト、アフィリエイトサイトなどによるSEO対策はお金を儲ける目的で対策を行うものであり、上位表示を目指す目的で様々な対策を講じています。

この対策が過度なものとなれば検索エンジンスパムと言う事になり、ペナルティが課せられることになるのです。正しい方法でSEO対策をしているウェブサイトはホワイトハット、そして不正を働いているウェブサイトをブラックハットと言いますが、これらは事前にチェックをしておきたい部分でもあるのです。

また、被リンクのチェックが出来るウェブサイトが用意されており、中古ドメインを入力する事でリンクの数を調べることが可能になっていますし、中古ドメインのページランクが偽装されていないかどうかなどを購入前に確認する事も可能になっており、これらのチェックを行う事で中古ドメインのメリットが活かす事が出来るのです。