SEO効果の高いドメイン

SEO効果の高い中古ドメインの探し方

中古ドメインは、アクセスを集めやすいと言われてから数年たちますが、いまだにSEO手法として人気が高いですね。

誰かが使っていたのに手放したドメインを中古ドメインというのですが、手放し方にも色々あり、そのため中古ドメインにも当たりはずれがあります。

中古ドメインの探し方自体はそんなに難しくありません。ネットで検索すれば中古ドメインの探し方やツールもすぐに見つかるでしょう。しかし、中古のドメインであればどれもSEO的に効果があるとは言えず、ものによってはサイトがいつまでもインデックスされなくなってしまうような危険な中古ドメインも存在するため探し方にも注意が必要です。

期限切れのドメインを見つけたとして、まず最初にチェックするのは、そのドメインがブラックリストに載っていないかどうかという点です。どんなに被リンク数が付いていても、ものすごい高いページランクのドメインであってもブラックリストに載ってしまっていた場合、インデックスすらされない可能性があるので一番に調べるべきでしょう。

次に調べるのはそのドメインの過去の運営履歴です。ツールで確認し過去の運営履歴が出てこないようであれば、そのドメインは中古ではないかもしくは過去の運営履歴が短すぎてインデックスが出来ていないかで、あまり価値がないことになるため、取得しない方がいいかもしれません。

過去の運営履歴を調べてキャッシュされた日が多ければ多いほど、価値が高くなるのですが、キャッシュされた内容がアダルトであったり反社会的なものであった場合は現在ブラックリスト化されていなくても後ほどなんらかのペナルティーを受ける可能性があるため危険です。

それとドメインを確認するときに気を付けるのがwww付きで運営されていたかどうかです。過去の運営時はwwwで運営されていたのにwwwなしドメインとして使用してしまうと効果が発揮されないからです。

これがわかったら次はGoogleでのインデックス数を確認します。

インデックスが0などの場合はサイトが閉鎖されてから時間が経っているか、有害サイトとしてペナルティーを受けてインデックスが削除されている可能性がありますので、この確認も重要です。

ページランクというのも中古ドメインの価値基準として重視されています。専門業者から購入する場合はこのページランクが高いほど値段をあがるのですが、そのせいでページランクが偽装されたドメインなどもあるので注意が必要です。

あとは被リンク数を確認すれば重要な評価基準のほとんどを調べたことになります。
どんなに注意して調べても目に見えない部分でペナルティー化されているような事もありますので、

そういったギャンブル性も理解したうえで利用することが中古ドメイン手法には不可欠です。