過去の運営者の被リンク

中古ドメインには過去の運営者の被リンクが在る

インターネットの中には数えきれないほどのウェブサイトが有ります。ウェブサイトにはドメインというものがあります。
ドメインはインターネット上にある1つのコンピューターを特定する時に利用される文字列であり、インターネットの中での住所になるものなのです。
「http://www.abc.com」と言うURLが有ります。

このURLはホームページなどにアクセスする時に利用する文字列になるわけですが、「abc」は第二レベルドメイン、「com」は第一レベルドメインと言います。

また、ドメインはインターネットの中での住所となるものですので同じものが存在する事は無いのです。

しかし、使わなくなったドメインは中古ドメインとして出回ることになるのです。

中古ドメインは過去に誰かが利用をしていたとされるドメインであり、中古ドメインを利用する事で過去の運営者がSEO対策をしていた場合などページランクで上位になれるとしているのです。

SEO対策にはウェブページの記述を行うHTMLの内部対策と外部対策の2つが有ります。

中古ドメインでSEO対策を引き継ぐことが出来るのは外部対策の部分であり、被リンクとよばれるものが該当します。

被リンクは他のドメインから張られているリンクであり、中古ドメインに対しての被リンクと言う事になるのです。

また、SEO対策では内部要因対策を2割、被リンク対策を8割とも言われており、ページランクを高めるためには必要不可欠な存在となっているのです。更に、人が多く集まるウェブサイトから張られているリンクを持つ中古ドメインであれば集客力を持つウェブサイトを構築する事が出来ると言う事になるのです。

しかし、中古ドメインを使えばSEOに対する効果を高められるかと言うとそうではないのです。

過去の利用者がどのようなウェブサイトを構築していたのか、と言ったことによっても成果は変わってくるからなのです。また、中には不正SEOでもあるブラックハットとしてウェブサイトの上位表示を狙っていた可能性も有ります。

ブラックハットSEOを行っていた場合などでは、ページランクが上がる事はなく、逆にペナルティーを背負うリスクを持つからなのです。

そのため、中古ドメインを利用する時には幾つかの調査を行う必要が有るのです。例えば、中古ドメインが過去どのような事で利用されていたのかを調べる事や、中古ドメインのページランクなどになります。

更に、ページランクの偽装チェックやブラックリストチェックなども必要とされているのです。