オールドドメインの評価方法

ページランクによるオールドドメインの評価方法

「オールドドメイン」が昨今、SEO対策の界隈で注目を集めています。お金をかけるだけで、物理的にアクセスアップが見込める方法なので、さまざまな企業や団体が取得に向けて目を光らせています。

そもそもオールドドメインとはなんなのでしょうか。

オールドドメイン、とは訳したままに「中古ドメイン」のことを指します。以前所有者が存在したが、現在は契約が破棄されたドメインの事をいいます。このドメインは、過去の経歴をそのまま引き継いでいます。

例えば、過去に何度もgoogleで検索されたり、たくさんの人が閲覧した、という経歴をすべて引き継いでいるのです。そのため、検索エンジンで上位に表示されることも可能です。

新規でドメインを取得する場合、まず検索にひっかかるところからスタートしなければならないのですが、オールドドメインを最初に取得してしまえばそのような手間ひまを省く事が出来ます。非常に実のある初期投資となりうるでしょう。

ですが、オールドドメインにはそれぞれで質の違いがあります。
扱われ方がそれぞれでばらばらだったわけですから、各ドメインが持つ質、特性もまちまちです。この検索ワードでは上位にランクするが、こちらのワード

ではさっぱり引っかからない。被リンク数は多いが、リンク元がローカルだ。なかなか一定基準で評価するのは難しいものがあります。

特にキーワードなどは無限に選択肢がありますから、一定基準に絞ることができません。具体的なワードで絞りたい場合は、代行業者に依頼するか、自分で探してみるしかありませんね。

販売業者などでは、「ページランク」と呼ばれる評価基準を設定している事が多いです。

ページランクとは、ウェブページの重要度を示す一つの指標のことをいいます。

論文の重要度を測る指標のひとつに、「多くの論文に引用されているものほど重要度が高い」というものがありました。これを、ウェブページにも適用したものがページランクにあたります。

つまり、たくさんのページにリンクを受けているものほど重要度が高いということです。また、リンクをしているページも多くのページに引用されていると、より重要度が高くなります。重要度が高いページからリンクされているほど良いということですね。

ある種普遍的な価値基準ですから、とりあえずの指標としては優秀でしょう。

オールドドメインには個々に質の差がありますが、一律の評価方法として「ページランク」が利用されています。